子守のときの肩こりには築地出張マッサージ

親戚の人の頼まれて子供の預かることになりました。
久しぶりに預かることになったので、とても心配していたことがあったのです。
それは赤ちゃんなので、おんぶなどをすることにになるからです。
おんぶや授乳などをしていると、肩の周囲が何となく違和感を感じるようになりました。

そのようになると、頭痛が起きてしまうんですね。
これは困ったと思って、本当に悩んだのです。
その時、マッサージに行きたかったのですが子供をそのままにすることもできないし困りました。

そんな時、いいことを思い出したのです。
それは、よく出張等で使っている出張マッサージです。
あれは本当に楽になるんですよね。
そこで自宅まできてもらえる出張マッサージを依頼することにしました。

すると待っていたら、直ぐにきてもらえて早速マッサージを受けることができたのです。
子供の様子を見ながら受けることができるので、とても安心です。
肩こりもすっかり良くなり、これはやっぱり出張マッサージが一番と思った事でした。

築地について

築地といえば一般的な方がイメージするものは築地市場だと思います。ですが、築地市場が設立されたのは80年ほど前であり、実際に今の築地市場の形になったのは戦後になってからです。築地市場以前は浄土真宗の寺院がたくさんあり、現在でも残っている有名な浄土真宗の寺院は築地本願寺です。その後、明治時代は海が近いことから海軍本省や海軍の関連施設が立ち並びました。現在の築地はやはり築地市場が街のメインとして存在しており、日本各地の海産物がすべて築地に集まっています。最近では場外市場が築地エリアの観光スポットになっており、観光客や海外からの観光客も訪れるほど盛況な市場です。周囲の店舗は市場の都合もあり19時を過ぎると閉まってしまいますが、市場で働いている方向けの店舗は早朝から空いています。2018年の10月には築地市場から豊洲市場に機能が移転されますが移転された後、築地という街はどのようにして再開発され変わっていくかが今後の課題であり、楽しみでもあります。

ホームに戻る